【evil eyeサポート】 Sergio Garrote

こんにちは、”evil eye(イーブル アイ)スポーツサングラス”スタッフの渡会です😎


今回は
evil eyeスポーツサングラスを創出しているオーストリアのSilhouette(シルエット)Groupが、サポートしておりますアスリート、チームについてお伝えしますね。

今回は、Sergio Garrote(セルジオ・ガローテ)。
(evil eyeスポーツアイウエアのモデルはe028-vistair-yを着用しています)

 

スペインのハンドバイカー、セルジオ・ガローテは、22歳のとき労働災害による四肢麻痺の脊髄損傷という人生を左右する出来事に直面しました。
医学と犯罪学を学んでいたにもかかわらず、彼はサイクリングに真の情熱を見出し、それが彼の人生を一変させました。

現在、スペイン・パラリンピック自転車競技チームの中心人物であるセルジオは、2020年東京オリンピックの金メダルと銅メダル、2022年と2023年の世界チャンピオンのタイトルを含む90以上の国内外でのメダルを獲得しています。

 

セルジオにとってサイクリングは、当初は健康的なライフスタイルの追求として始まるも、競技に参加することでスポーツへの深い情熱が見えてきました。
彼はサイクリングが、自己研鑽、仲間意識、感謝といった価値ある資質を育むと信じています。

セルジオは、メディアでハンドサイクリングの認知度が高まることを願い、障害者に限らず、より多くの人々がハンドサイクリングを実践することを奨励しています。

最近では、2024年5月2日から5日にかけて、ベルギー・オステンドで開催されましたパラサイクリングのトップアスリートたちが競い合う舞台、2024UCIパラサイクリング ロードワールドカップ第2戦にて。
金メダル獲得!!!!!💪🏻🏆🥇

  

彼の究極の願いは、永続的な遺産を築き、能力に関係なく未来のアスリートたちの模範となることです。

 

いかがでしたでしょうか。
よろしければ一緒に応援していきましょう✊

今日も最後までお読み頂きありがとうございました🙇‍♀️